手作り結婚指輪のいろは | 結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

手作り結婚指輪のいろは

結婚指輪はどうやって作られているかというと、基本的に人の手が入っており、市販されているものは職人が手作りしています。
ですから基本的に手作りでない結婚指輪というものはないのですが、手作りといわれると、本当に自分の手で作る印象が強いですよね。
実はそのような結婚指輪もあります。
自分の手による手作りの結婚指輪とはどういうものか、これは職人による手作り品ほど有名ではありませんから、まずはこちらを詳しくご紹介しましょう。

▼目次

手作り工房ではオリジナルデザインの指輪が作れる

まず指輪を自分で手作りすることについて、あまりイメージがつかない方が多いでしょうが、これは自分で作ることも可能です。
もちろんほとんどの方は、完全に自力で指輪を手作りすることは難しいでしょうが、最近では指輪を自分で手作りできるお店ができているのです。
これらお店は手作り工房とよく呼ばれます。
こちらを利用することで、一般の方でも自分でオリジナルの指輪を完成させられます。

このようなサービスがあるため、現在では一般の方でも指輪を自分で手作りできるのです。
もちろん結婚指輪の制作も可能です。
先にご紹介した手作り工房では、結婚指輪の専門店なども多いため、そちらを利用すれば、結婚指輪を自分の手でも作れます。
最近ではこのような結婚指輪も登場していることは、要チェックですよ。

手作りでもクオリティには問題なし

しかし実際に指輪を自分で作ったことがある方は、それほど多くありませんよね。
結婚指輪を自分で手作りしたとして、どんな指輪になるのか、これは気になるところでしょう。
自分で作った指輪には思い入れもできることが多いですが、結婚指輪は一生の思い出にもなりますし、パートナーと二人でつける大事な指輪でもあります。
仕上がりがイマイチとなることもあるなら、少し不安もあるでしょう。

この点は心配いりません。
結婚指輪の手作り工房を利用し、指輪作りの経験がない一般の方が作っても、プロの職人が作ったものと比べて、見た目や品質が格段に違うわけではないからです。
もちろん最初から最後まで、指輪作りのプロが作ったものに比べると、どうしても品質が追い付かない部分はあるでしょう。
ただ、結婚指輪として人前でつけてもまったく違和感のないきれいな仕上がりにはなりますし、一般的な指輪が持つ耐久性もしっかりありますから、大事に使えば一生ものにもできます。

指輪作りの経験のない一般の方が手作りしても、そのような結婚指輪が手に入るのは、工房のサポートもあるためです。
自分で手作りできる工房を利用したとき、原材料を使って指輪の形に加工し、それを結婚指輪として仕上げる部分まで、すべてを利用者が単独で行うわけではありません。
やはり指輪作りには専門の技術や知識がいりますし、それらがないと多少の危険がともなう作業もあります。
それらをすべて一般の方が単独で行うのは大変ですし、危険もありますから、難しい部分は工房側がやってくれます。
その作業を担当するのは、その工房にいる指輪作りのプロの職人ですから、仕上がりも確実です。
また、利用者が自分で手作りするときも、これら職人のサポートがあるため、経験がない方でもオリジナルの結婚指輪を完成させられますし、その品質も高くなるのです。

このようになっていますから、自分で手作りするという方法を選んでも、手に入る結婚指輪は、プロの職人がすべて手作りした市販品に近い品質になります。
その上で、自分で手作りしたということで特別な思い入れもできますから、最近では結婚指輪を準備するとき、この方法を使う方も増えています。
現在ではこのような種類の結婚指輪もあることは、ぜひ確認しておくといいですよ。

安い結婚指輪をつくれる工房

職人にオーダーする手作り指輪も

もちろんこれだけが結婚指輪の種類になるわけではありません。
ブライダル関係のアクセサリーを扱うお店に行けば、結婚指輪はたくさん市販されていますよね。
こちらで売られているのはどんな指輪になるかというと、プロの職人が手作りしたものとなります。
機械で作られたものではありませんから、人の手により丁寧に作られた結婚指輪がいいと思う方でも問題はありません。
自分でデザインを指定はできないため、自分のオリジナルの指輪にはなりませんが、プロが作っただけに品質は非常に高いですし、デザインも優れています。
そしてお店で購入すればすぐに手に入るため、手軽に結婚指輪を用意したい方からよく選ばれていますね。

このような市販品のほかに、職人へと直接オーダーすることで作られる結婚指輪もあります。
こちらはプロの職人がすべて手作りする点は、お店で売られている市販品と共通ですが、利用者がデザインを指定できるのが特徴です。
実際の制作はプロにやってもらいたいものの、デザインは自分で指定したい方から選ばれています。

このように結婚指輪にはいくつかの種類があり、基本的にはどれも手作りされているのですが、どのように作られているのかが違うのです。
市販品やプロへのオーダーメイドは比較的有名ですが、手作り工房で手に入る結婚指輪も最近は人気ですから、こちらも合わせてチェックした上で、どれを選ぶか決めるといいですよ。

新着情報

ごつい結婚指輪をうまく作るコツ

ごつい結婚指輪を作るにはどうすればいい?

なるべくごつい結婚指輪を作りたいときのコツとして、リングを大きくするといいでしょう。

まずは幅です。

通常は2.5ミリから3ミリ程度が標準のところ、5ミリ以上といった幅広の指輪にするとかなりごついという印象の指輪になります。

さらに指輪に厚みもつけてみましょう。

3ミリ近くの厚みを持たせるとかなり横にも広い指輪となり、見た目にも存在感が強いごつい指輪になります。

まずはこのように幅や厚みを持たせて大きな指輪にすることを考えてみるといいでしょう。

装飾もおすすめ

≫ 『ごつい結婚指輪をうまく作るコツ』

結婚指輪購入口コミ「ブランドはティファニー、アトラスという種類です。」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

16年目

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

それぞれ20万円くらい

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ブランドはティファニー、アトラスという種類です。

婚約指輪は、私が自分で決めさせてもらったので、結婚指輪は主人の趣味で決めてもらいました。

そしたら、びっくり仰天な選択で驚いたことを覚えています。

私は基本プラチナが好きですが、主人が選んだのは金色です。

当時、アトラスにはプラチナが無く、ゴールドとシルバーのみでした。

シルバーは変色するという理由から却下となり、ゴールドに決めました。

今のアトラスと違い、ちょっとゴツいデザインです。

でもローマ数字に二人とも惹かれ、決めました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「ブランドはティファニー、アトラスという種類です。」』

宝石を3石あしらった結婚指輪について

宝石を3石あしらった結婚指輪

結婚指輪には3石の宝石をあしらったデザインも見つかります。

これはむしろ婚約指輪で昔から好まれてきたデザインでスリーストーンとも呼ばれます。

その意味は何かというと、古くは富の象徴ともいわれていましたし、現在ではその3石が過去、現在、未来を表すともいわれます。

同じ大きさのダイヤモンドを3石並べることもありますし、中央に大きなダイヤを1つ、その両脇に小さなダイヤを2つの合計3石とすることもあります。

さらにはカラーストーンを使うこともあるなどデザインのバリエーションが豊富です。

古くから好まれる縁起のいいスタイルと、3石の宝石を並べるという高級感やデザイン性を両立できる指輪となるでしょう。

≫ 『宝石を3石あしらった結婚指輪について』

結婚指輪購入口コミ「シンプルで華奢なデザイン」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

9

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

主人10万円、私15万円程度

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

主人はもともとアクセサリーなどつけないタイプの人だったので、シンプルで華奢なデザイン、指にはめた時につけてる感のない(感覚的なところで)という条件で探しました。

私は指にはめた時に指がキレイに見える、シンプルすぎない、年齢を重ねた時のも違和感なくつけることができるという条件で、デザイン重視の探し方をしました。

お互いが100パーセント気にいるまで探して見つけることができたのでそのお店での購入を決めました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「シンプルで華奢なデザイン」』

結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合

指輪の手作りは簡単

指輪を手作りするのなら、意外と簡単にできます。

それこそ幼稚園児でも、何の苦もなく作ることができるでしょう。

方法はビーズにテグスを通し、テグスをリング状に結びつけたら完成です。

最近はハンドメイドとしてビーズの指輪は人気があり、中には事細かい部分まで仕上げられた指輪もあります。

しかしファッション用の指輪ならばまだしも、結婚指輪を手作りするとなると話はかわります。

本人達が納得しているのならテグスとビーズで作られた指輪でも構いませんが、一生に一度のものだからこそ、しっかりとした指輪を作りたいものです。

≫ 『結婚指輪にまつわるいろは 手作りの場合』